札幌で結婚式場をあげるなら
2018年9月12日

結婚式は人が求める姿に

現在の結婚式は神前結婚式やチャペルウエディングがほとんどになっています。

以前の日本では人前結婚式が行われていました。それは、地方により、家により、いろいろと異なったもので、複雑で期間も長期間にわたり行われていたのです。それをするには多くの費用もかかりました。現在のような神前式やチャペルでの式が盛んになってきたのには1番は簡略になってきたことがあげられます。時間が短くて終わる結婚式はその主催者にとっても参列者にとってもとても好都合になってきたのです。

そして、2番はその場所にある荘厳な雰囲気があります。人生における一大事の儀式を神前というところで厳粛なうちに行われることは本当に意義深いものとなったのです。その後は結婚式をあげる人々のニーズによりチャペルウエディングが多くなってきました。宗教としてキリスト教が多くない日本で、それを選ぶのは憧れであり、チャペルが魅力的に映ったり、そのウエディングドレスがずっと憧れであった、友人に式に参列して欲しかった、父親と腕を組んで歩きたかったなどがあげられています。

そして、地域社会が大きく変化してきたこともあります。以前には家と家の結びつきと考えられてきたのですが、現在は個人と個人の愛情によってのみ、行われるようになりました。人生の中の多くの儀式が簡素化されたり、その儀式自体を行わなくなったものもありますが、結婚に対しては2人の幸せを表現するのに最もふさわしい儀式となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *