札幌で結婚式場をあげるなら
2018年9月9日

結婚式で役立つ服装の豆知識

お呼ばれ結婚式で悩むのは服装です。基本的なマナーをご紹介します。

まず、カラーです。白一色のドレスは避けます。白い羽織物も結婚式の披露宴でテーブルに着席した際上半身しか見えない為、誤解されてしまいます。小物使いとしては良いですが気をつけます。また、新婦のお色直しのドレスや着物と同じ色や、派手になるようなカラー・デザインは避けます。一方、選びやすい黒は選びやすいです。しかし、男性の礼服や親族の留袖も黒が殆どの為、友人まで黒い服だと華やかさに欠けます。披露宴会場に彩を添えられる色選びをすると喜ばれます。

もし、黒いドレスを着る場合は、シルクやレースなど素材に配慮し、ラメ入りやコサージュ・アクセサリーや小物を工夫すると落ち着いた雰囲気と共に女性らしさが演出されます。次にドレスの形です。ご年配の出席者もいらっしゃいます。肩がむき出しになる服装は控え過剰な露出は控えます。もし、露出が多いものはショールやボレロ・上着を羽織ると良いです。靴についてです。ヒールがありつま先のあるパンプスが基本と言われます。

年配の方はミュールは、つっかけと見えるよう。流行もありますが、必ずバックストラップ付きのものにして下さい。ストッキングについてです。生足やカラータイツ・編みタイツは避けます。柄の少ないナチュラルな色のストッキングが基本です。小物使いです。ヘビ皮などのハ虫類の靴やバッグは、殺生を意味する為避けましょう。ファーボレロファーは大丈夫です。色々とご紹介しました。結婚式の場所、教会や神社。出席者の客層で服装に変化はあります。TPOに合わせオシャレとお祝いの席を楽しむことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *