札幌で結婚式場をあげるなら
2018年8月21日

結婚式に出席するときには

知り合いや友人、親戚、同僚といった人たちのお祝い事があると呼ばれることがあるでしょう。

親しい人や身内では、出席するのが当たり前といった雰囲気もあります。事前に電話などで連絡がくることもあるのですが、封書で招待状がくることになり、いけるのかどうかというのを返信はがきで送って伝えることになります。もしもいけない場合には、代わりにお祝いの品物を送ったりすることもあります。

結婚式に向けて、ゲストの立場では服装なども準備していくことになります。挙式の際には、ホテルや結婚式場、神社などいろいろなところで行われていることになります。最近は海外でのウェディングを希望する人たちも多いのですが、そういった場合では家族だけが式に参列する場合もあります。結婚式には、正装で参列することになります。

神前式や人前式などがあるのですが、それによっても和装にしたり、洋装にしたり、新郎新婦は準備をしていきますし、参列者もある程度服装を整えるようにします。男性の場合では、黒系のスーツがいいでしょう。

親族などでは白ネクタイにしますが、最近は友人程度の関係であれば、薄いピンクや水色のネクタイを着用したりする場合も多いのです。女性の場合では、振袖などの和装にする人もいるのですが、ドレスなどの洋服にする人も多いのです。

その際には、真っ白い服は避けて、あまり露出の多くない服装を選んでいくようにするといいでしょう。白は主役の花嫁の色であるからです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *