札幌で結婚式場をあげるなら
2018年8月12日

昨今の結婚式について

不景気が長く続いていたこともあり、結婚式にそれほどお金をかけないようになってきています。

以前の景気の良い時代では、派手に式を挙げる人たちもいたのですが、今はやらない人や地味にやる人たちもいるくらいです。経済的な理由もあるのですが、余裕があるとしても住まいや新生活にお金をかけたいという堅実な人たちもいるのです。

もちろん、従来通りのスタイルでホテルや式場で結婚式を行う人たちもいます。式の規模にもよるのですが、やはり200~400万円程度かかることもあり、それなら二次会から友人を呼んで、式自体は身内だけにしようとする場合もあったりしますし、こじんまりと海外で自分たちだけで式を挙げてきてしまうという場合もあるでしょう。

また、今は形式的な結婚式を行うのではなく、パーティ形式で会費制にしてレストランなど貸切にして友人などに披露する形のところも多いのです。

こういったスタイルでは、お祝いを出すよりもパーティに気軽に出席しやすくなるので、呼ばれたほうもありがたいと感じるものでしょう。このように、従来の二次会的なものをはじめからパーティ形式の形にして行うというのも一つの方法ではあります。

結婚式は、やり方によってはお金をかけていくらでも派手にやることもできますし、自分たちだけで地味にやることもできるのです。どういった方法でやったとしても、二人が満足できる形で心に残る結婚式にしていければいいものなのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *