札幌で結婚式場をあげるなら
2018年8月3日

結婚式で気をつけること

知り合いや友人、そして親戚などのお祝い事があると、声をかけられることがあるでしょう。

特に結婚式は、喜ばしいことであり、祝福できるようにしたいものです。まず招待状がきたら、なるべく早い段階で返事を出すようにしましょう。もちろん、出席できないときでもその旨を記し、ハガキを返送するようにします。いずれの場合でも、一言添えるようにするといいでしょう。

そして、当日に向けて準備をするようにします。持参するご祝儀は、表書きをしっかりと記入するようにします。筆で記入できるといいでしょう。そして、内側には金額や住所、氏名などを記入しておきます。会場では、ふくさに入れて入り口で出すようにします。

金額は、友人や知人の場合では3万円程度出すのが普通ですが、若い時や親せきなどの場合には、少し金額を検討するようにするといいでしょう。別れることがないように、奇数の枚数にするといいでしょう。そして、当日ですが、服装に気をつけるようにしましょう。

露出度の高い服装はNGです。また、結婚式では花嫁が白い服装をするので、真っ白い服装を避けるようにします。色物の服装をするようにしましょう。

人前式の場合では、親戚や身内が参列することが多く、神前式の場合では友人なども含んだ形でチャペルで参加するような形になることでしょう。このように、結婚式はそのカップルの好みの形で進めていくのですが、参列するほうもそれに従うようにするといいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *