札幌で結婚式場をあげるなら
2018年7月31日

結婚式のときの服装とは

知り合いや身内などにお祝い事があると、うれしいものです。

ですから、その気持ちを表すように新郎新婦に結婚式に出席することを伝えたりします。これは招待状に対して返事を早めに出すことで知らせることができます。その返送はがきの記入の仕方も気をつけたいものですが、自分でお祝いの言葉を一言記入するといいでしょう。

欠席する場合では、その旨を伝えて結婚のタイミングに合わせて品物などを送るようにするといいでしょう。結婚式に出るときには、お祝いを用意したり、当日着用する服装を考えていきます。

着物を着たりすることもありますし、洋服などを着たりすることもあります。しかし、洋服では白い服にしないようにします。若いとドレスのような服装を選んだりするのですが、あまり肩などの露出のないような服装を心がけるようにしましょう。

そして、靴やバッグなどを準備していきますが、ゴールドやシルバーなどは合わせやすく、華やかな雰囲気になるのでおすすめです。中には貸衣装などで対応する人もいることでしょう。

一度だけの挙式のために購入するのももったいないものです。ですから、自分に合った色合いで下品にならないような服装にするようにしましょう。男性の場合では、黒系のスーツにネクタイでいいのですが、基本は白のネクタイですが、最近は薄いピンクなどのネクタイをする人もいますし、ベストを着用する人もいるのです。

結婚式は、それなりに適した服装があるので、購入する際にはお店の人に聞きながら選ぶようにするといいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *