札幌で結婚式場をあげるなら
2018年7月31日

結婚式のお金のおはなし

プロポーズをされて、幸せいっぱいの中、親御様へのご挨拶が済んだら、いよいよ式場探しをスタートさせる方も多いでしょう。

ここで誰もが気にかかってしまうのが「予算」。何百万もかかる結婚式なんて、貯金もそんなにないし…という方は多いと思います。そんな方にお勧めしたいのが、「お招きする人数を増やす」こと。

意外に思われるかもしれません。人数を呼べば、当然見積り金額は上がっていきます。予算の関係で呼ぶ人を絞った…という方もいらっしゃるかもしれません。ではまず、結婚式にかかるお金を二つに分類してみます。

[人数に金額が左右されない物]衣装(ドレス、タキシードなど)、写真や映像の撮影、お花、プロフィールムービーなどの演出etc…[人数によって金額が増減する物]お料理、ドリンク、引出物や引菓子、ペーパーアイテムetc…注目するのは[人数によって金額が増減する物]です。

よっぽどグレードを上げない限り、これらを全て足して、ご祝儀(平均して3万と言われています)を超える事は実は意外とあまりありません。というのも、3万円のうち2万円分はおもてなし(食事や引出物)でお返しするのが一般的ですが、残りの1万円はお2人への純粋なお祝い金です。(結婚式に出席しない場合のお祝いの相場も、だいたい1万円くらいです)つまり、[人数によって金額が増減するもの]は実はご祝儀の中に含まれていて、かつ人数が多ければ多いほど、残りの物にかけるお2人の負担分は減る、ということです。

こうして計算すると、お2人の負担額の平均はは数10万~100万程度と言われています。こう見ると、ちょっと手が届くような気がしませんか。さらに、呼びたかったけど予算の関係で断念した人も、お招きできます。あきらめずに自分の予算を伝えて、式場に相談してみましょう。意外と予算交渉にのってくれるところも多いですよ。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *